HOME > メッセージ > 主日礼拝

「主の導きの道を歩む」

2021年1月17日(日)
新城教会牧師 岡本信弘
イザヤ書30章21節

『あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから「これが道だ。これに歩め」と言うことばを聞く。』

 ハレルヤ! 主のみ名を心から讃美いたします。
 インターネットで礼拝をささげている方たちもおられますが、皆さんお元気ですか? 私は皆さんのお祈りに支えられて、健康でこの二〇二一年を始めることができていることを心から感謝します。
 二〇二〇年は、 新城教会においては宣教七十年、リバイバルミッション発足五十年、そしてプレイズの設立三十年という記念の年、節目の年でもあり、祝福の年となると希望をもって始めましたが、それに反して、誰に聞いても「大変だった」と答えが返ってくるような一年でした。新型コロナウイルスによっていろいろなことが閉ざされ、影響を受けました。しかし、一方ではさまざまな恵みもいただくことができ、主に心から感謝します。皆さんも同じだと思います。
 現在も新型コロナウイルスの感染者が増え続けている状況の中、これからどうなるのだろうと心配しています。ニュース等で言われているように、飲食業界は特に大変です。私が責任を持っているプレイズの働きも、いろいろな部門がありますが、飲食部門のカフェレストラン「サーム23」は、人が集まって一緒に食事をするということが自粛傾向にあり、お客さんがなかなか店内に入って来ないという状況で、大きな打撃を受けています。そんななかでも解決策をいろいろ考え、テイクアウトを強化する方向で、新たな商品を開発しています。私もどんなものがいいか、ネットを見て研究したり、スタッフと共に試作品を作ったりしています。印刷出版部門、福祉部門もそれぞれ大変なところにありますので、続けてお祈りいただければと思います。

 クリスチャンであってもなくても、誰の人生にも、予測のつかないような事態がふりかかることがあります。人は、問題が起こったとき、窮地に立たされたときに、その人の真価が問われると言われます。
 仕事においても、機械の故障や納品トラブルなど、突発的に様々な問題が起きることがあります。起きてしまったことは仕方がないのですが、問題が起きたとき、それをいち早く、どうやったら最小限のリスクにとどめることができるか、どのように対処できるかに、技量が試されます。
 私はクリスチャンホームという温室で育ちました。教会に行っていれば親は喜んでくれましたし、幼いころ家は貧乏だったのですが、キャンプに行くとなればすぐにお金を用意してくれましたから、私は貧乏だと思ったことはありません。自分の思うようにさせてもらって、兄姉からは、「おまえは、家族でいちばんわがまま放題に育った」といつも言われていて、温室にある植物を冬の寒いときに外に出すと枯れてしまうように、私も逆境に弱いところがあります。しかし、クリスチャンであるがゆえに、主の守りがあり、窮地に立たされたときでも助けられてくることができて感謝しています。
 人間は弱い者です。しかし、主は弱さの中に働いてくださり、私たちを支えてくださるのです。皆さんお一人おひとり、弱さを感じ、弱さを認めたからこそ今ここにおられるのだと思います。主は弱さを認めた私たちに寄り添ってくださって、私たちに恵みを与え、祝福を与えてくださるということを信じ、皆さんは主と共に歩んでいるわけです。

 さて、この二〇二一年に、私に与えられたみことばは、イザヤ書三十章です。カウントダウンでも語らせていただきましたが、今日はここから、「主の導きの道を歩む」と題してお話ししたいと思います。
 三十章二十一節を、もう一度お読みします。

 『あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから「これが道だ。これに歩め」と言うことばを聞く。』

 このみことばを与えられて、あらためてイザヤ書全体を読んで、いろいろなことを学ぶことができました。聖書について少し補足しますと、聖書は、全部で六十六書簡あり、そのうち三十九書簡が旧約聖書です。旧約聖書の中にもいくつかの分類がありますが、その中に「預言書」が十七あり、五つの大預言書と十二の小預言書とに分かれています。重要だから大預言書、重要でないから小預言書というわけではなく、ボリュームが大きいから大預言書と言われているのです。イザヤ書は、その大預言書の一つです。
 そもそも「預言書」とはどんな意味を持つのか、何を教えようとしているのでしょうか。一般的に「よげん」というのは、「予言」と書くことが多いです。でも聖書では、「預言」という字が使われていて、これは文字通り「預かる言葉」、神さまから預かったことばを民に知らせるものなのです。その中でもイザヤ書は、神さまの大きな計画をイスラエルの民に知らせ、忠告を与えています。それはただイスラエルの民にだけではなく、今の私たちにも語っていることばであることを、ぜひ皆さん覚えていただきたいと思います。そういった意味で、イザヤ書は大変重要な役割をしていますので、皆さんもイザヤ書をよく読んでいただいたらよいかと思います。
 

 今日は、イザヤ書から私が教えられたことから、三つのことを学びたいと思いますが、その三つとは、「神さまの計画」、「神さまへの信頼」、「神さまとともに歩む未来」です。

 第一に「神さまの計画」です。イザヤ書三十章を初めから読みますと、『ああ。反逆の子ら』という言葉で始まっていて、イスラエルの民のことを反逆の子らと言っています。そもそも神さまの計画はどのようなものであったのかというと、聖書の創世記の『初めに、神が天と地を創造した』というところから始まっています。すべての被造物を六日間で創造して、六日目に最初の人間アダムとエバを造りました。神さまは人間を愛し、エデンの園を造り、すべての被造物の管理人としての役割を人に託されました。しかし、このアダムとエバは、神さまが「絶対に食べてはならない。食べたら必ず死ぬ」と言われた善悪を知る木の実を食べてしまうという罪を犯し、神さまとの隔たりができ、サタンの手に渡されてしまいました。これが反逆の基であり、人類の堕落につながっていったわけです。
 このように、神の祝福を失ってしまった人類を、神さまはもう一度祝福しようと選んだのが、アブラム、後にアブラハムという人物です。

 『主はアブラムに言われた。「あなたは、あなたの土地、あなたの親族、あなたの父の家を離れて、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとする。あなたは祝福となりなさい。わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたを呪う者をのろう。地のすべての部族は、あなたによって祝福される。」アブラムは、主が告げられたとおりに出て行った。ロトも彼と一緒であった。ハランを出たとき、アブラムは七十五歳であった。』(創世記十二章一~四節)

 アブラハムは、神のことばに従って、行くところを知らずして出て行くほど、主に従順でした。なぜ神は七十五歳のおじいさんを選んだのでしょうか。不思議です。神さまは、年齢や環境ではなく、このアブラハムの従順な信仰を見てアブラハムを通して人類をサタンの手から取り戻す基盤を造ろうと計画されたわけです。

 創世記十八章十八~十九節には、こうあります。

 『アブラハムは必ず、強く大いなる国民となり、地のすべての国民は彼によって祝福される。わたしがアブラハムを選び出したのは、彼がその子どもたちと後の家族に命じて、彼らが主の道を守り、正義と公正を行うようになるためであり、それによって、主がアブラハムについて約束したことを彼の上に成就するためだ。』

 アブラハムは、まだ子どもがいないとき、神さまから、「天を見上げて、星を数えることができるなら、それを数えなさい。あなたの子孫はこのようになる」と言われ、そのことばを信じたことにより彼は義と認められ、そして後に、信仰の父」と呼ばれるようになるのです。
 そしてこの約束通り、アブラハムが百歳、妻のサラが九十歳を超えていて、普通では子を得ることなどできないようなとき、イサクが与えられました。アブラハムはずっと神さまからの命令に従って、神さまの計画を遂行して、イスラエル民族となる未来につなげたのです。そこから系図的にはダビデに至り、バビロン捕囚を経て、キリスト誕生へとつながっています。この時代において、神さまは、アブラハムに人類の回復と再建というものを託したのだと思います。
 そして、神さまの計画は今も継続されています。そして、何千年もたった今も、この計画は変わることなく、その実行を託されているのは私たちクリスチャンであることを忘れてはなりません。
 また、昨年、新城教会は七十年を迎え、二〇二一年は、回復と再建の年となると語られています。新城教会が新たなステージに入って、主のみこころを現していくと同時に、私たちは「主よ、来てください」と祈っています。神の国がいつ到来するかはわかりませんが、そのときまで、私たちに委ねられている計画を果たしていきたいと願います。

 第二に「神への信頼」です。皆さんは、「神さまを信頼していますか?」と問われたときに、どのように答えることができるでしょうか。
 イスラエルの民は神によって選ばれ、彼らは常に恵みを与えられ、祝福を与えられ続けてきました。しかし、彼らの態度はどうであったかというと、頼りにならない大国エジプトに下って行こうとし、神の指示を仰ごうとしなかったことが二節に書かれています。

 三十章十五節には、

 『神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」しかし、あなたがたは、これを望まなかった。』

 とあるように、「落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得ることができる」と言われているのにもかかわらず、民は「神に信頼することを望ま」ず、主に従わなかったのです。
 イスラエルの民は何度となく主を試みて主に逆らったのです。

 とあり、イスラエルは弱くなって劣勢に立たされたときでさえ、主の御声を聞こうとしなかったのです。これはちょうど、日本の多くの人が困ったときの神頼みとして、頼りにならない偶像の神々に手を合わせるのと同じだと思います。
 さすがに今年は、新型コロナウイルスの影響で、初詣に出かける人が七割ほど減ったそうですが、その一方でお守りがたくさん売れているそうです。私たちからすると、「なんと馬鹿馬鹿しい」と思えますが、これも霊的戦いですね。多くの人が一喜一憂し、偶像を頼りにしているという現状を私たちは心に留め、人々の目が開かれるようにとりなし祈っていかなくてはなりません。
 そして、先日、順先生も語られていましたが、信仰とは、頑張ってつかんでいるものではなく、私たちを導き祝福してくださる神さまを、どれだけ愛し、信頼してついていけるか、これが信仰の原点なのです。
 ヘブル人への手紙十一章をお読みします。

 『信仰は、望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるものです。昔の人たちは、この信仰によって称賛されました。信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、その結果、見えるものが、目に見えるものからできたのではないことを悟ります。』(一~三節)

 『信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神がご自分を求める者には報いてくださる方であることを、信じなければならないのです。』(六節)

 「信仰は、望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるものだ」と書かれているように、肉の目で見えるものに「信仰を持った」とは誰も言いません。それは現実に目の前にあるのですから。しかし信仰とは、このみことばにあるように、目には見えないけれども、目に見えるすべてのものを創造し、神に近づくなら報いてくださる偉大な神さまがおられる、ということを信じることなのです。

 イスラエルの人々は、エジプトにおいて四百三十年の奴隷生活を強いられていたわけですが、そんななかで、神さまはモーセを通してイスラエルの民に次のような約束を語っています。

 『それゆえ、イスラエルの子らに言え。「わたしは主である。わたしはあなたがたをエジプトの苦役から導き出す。あなたがたを重い労働から救い出し、伸ばされた腕と大いなるさばきによって贖う。わたしはあなたがたを取ってわたしの民とし、わたしはあなたがたの神となる。あなたがたは、わたしがあなたがたの神、主であり、あなたがたをエジプトでの苦役から導き出す者であることを知る。わたしは、アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓ったその地にあなたがたを連れて行き、そこをあなたがたの所有地として与える。わたしは主である。」』(出エジプト記六章六〜八節)

 イスラエルの民に対して神さまは、奴隷生活から解放し、アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓ったカナンの地を所有させるから、信頼してわたしに従いなさい、と何度も何度も語っています。しかし、イスラエルの民は、その言葉を信じきることができませんでした。そして、エジプトから助け出されたとき、直線で行ったら二~三週間で行けるような距離を、結果的に四十年間さまよったのです。もちろん荒野で生まれた子どもたちはたくさん入ったわけですけども、エジプトから出た者でカナンの地に入ったのは、たった二人だけでした。
 先週は、開先生が「カナンの地を勝ち取る。カナンの地をあなたに与える」というみことばをいただいたと語られましたが、私たちが主に信頼し、主が成し遂げてくださると信仰持って前進していくなら、約束の地、カナンの地を得ることができると信じています。

 今、日本や世界の状況を見て、人々は、これからどうなるのだろうと心配をしています。ニュースなどで、政治家や医療従事者、さまざまな専門家がいろんなことを言っているのを聞いても、何が正しいのかわからなくなります。結果がどのようになるかというのは誰もわかりませんし、予測すらできないような状況です。ある意味では、長いトンネルの中に迷いこんで、「真っ暗でどこにも光がない。いつになったら出られるだろう、どこまでいっても出口がない」と、イスラエルの民同様、さまよっているような状態ではないかと思います。  そんなときに「この道が絶対に正しい。これを選択したら間違いない」と言ってくれる人がいたら、そのことが本当に分かっていて真実を語ってくれる人がいたらどんなに心強いか、と多くの人は思っていると思います。

 話は少し変わりますが、私は野球が好きで、時々テレビで見たり、ラジオを聞いたり、新聞で結果を見たりもします。野球に興味のない人でも、大枠のルールはご存じなのではないかと思います。
 野球は九回で争われますが、例えば、最終回、九回の裏 二アウトで、あと一アウトで試合が終わるという状況の中で、自分のチームが一点負けているとします。一人がヒットを打って二塁まで到達し、次のバッターが、センター前(二塁ランナーがいる後ろ)にヒットを打ちました。そうすると、二塁ランナーは走っていって、三塁で止まるか、それともホームまで走るべきか迷います。もしホームに到達できたら同点になりますが、失敗してアウトになれば、その時点でゲームセット、試合は負けで終わってしまうわけです。
 三塁で止まるべきか、本塁まで突入すべきか、ランナーは球が今どこにあるのかわかりませんから、判断に困ります。そのときにどうするかというと、一人の助っ人がいるのです。それは三塁に立っている自分のチームのコーチです。三塁コーチが、この二塁から走って来る人を見ながら、その人の足の速さ、打球の飛んだ方向や位置、そしてそれを捕った外野手の肩の強さなどのデータを瞬時に自分の頭の中で整理して、「この状況だったらホームまで行ってもセーフになる」と思えば、「ゴー!」というサインを出すのです。でも、「いや、ちょっとスタートが遅れた」、「返球が早い」と思ったら、三塁で「ストップ」をかけるのです。この状況の中では、この三塁コーチに勝敗の責任がかかってくるということです。でも、実際には、三塁コーチが「ストップ!」と言っても、指示に従わず暴走する人が時々いて、アウトになってしまったり、反対に、セーフで同点にすることができたりすることもあります。いくら三塁コーチといえども、結果はわかりません。これは野球のゲームでのことなので、負けることも、勝つこともあります。
 私たちの日常生活の中でも、迷うことが多々あるかと思います。「どうしようかな」というときに、皆さんは誰かに相談すると思います。そうすると、ある人は「右だ」と言い、ある人は「左だ」と言う。また、「進め」と言う人と、「今は止まるべきだ」と言う人がいるかもしれません。家族や友人、いろんな人がよかれと思い、自分の考えでアドバイスをしてくれます。でも、誰の指示が的確なのかということは、結果を見ないと分かりません。私たちは明日のことは誰も分からないのです。
 三塁コーチとイエスさまを同格に置くのは、イエスさまに失礼だと思いますが(笑)、私たちクリスチャン生活の中では、神さまはこの三塁コーチのような方です。そして、三塁コーチよりさらに的確な指示を出してくださるのが神さまなのです。神さまは、私たちの性格や髪の毛が何本あるかさえも、全部を知っていてくださるお方です。私たちには明日のことは分かりませんが、明日のこともすべてご存じの神さまが、「ゴー!」なのか、「止まれ!」なのか、「右」なのか、「左」なのか、「これが道だ。これに歩め」と指示をしてくださいます。神さまはその時点で、私たちが「どうしたらよいのか」ということを百パーセント分かっていますから、その神さまに従うなら間違いはないということです。
 このように、神さまは一人ひとりに語ってくださいますが、誰かがあなたを「○○さん!」と呼んでも、うるさい雑音がある場所では聞きにくかったり、あなたが耳をふさいでいたりしたら、いくら呼ばれても聞こえないですね。耳を澄ましているとよく聞こえるのと同じように、「いつ神さまが語ってくださるだろうか」と期待感を持っているかどうか、それが、聞き取れるかどうかの大きな分かれ目だと思います。
 しかし、「今まで私は一度も神さまの声を聞いたことない」と言われる方がいるかもしれません。でも、だからと言って心配しないでください。語られる方法はそれだけではないですね。ある人にははっきりと、声として聞こえるそうですが、聖書を読んでいるときに、みことばから語られることもありますし、祈っているとき、またメッセージを聞いているときに、気づかされることもあります。人を通して教えられることもありますから、そのことを皆さん、ぜひ覚えておいてください。
 そして、霊的な部分もあります。サタンはいろんな雑音を皆さんに送ってきて聞こえないようにしたり、神さまが「右を選択しなさい」と言っているのにもかかわらず、サタンは、「いや、右は危ないよ、左のほうがいいよ」とささやいてきたりするのです。霊的に整えられていないと、神さまが皆さんに語ってくださってもサタンに奪われてしまいますから、まず戦いの武具をしっかりつけることも忘れないでいていただきたいと思います。
 この一月には、実際には年末から「宣教七十年の満ちた祈祷会」として、聖日の午後に祈祷会を県民の森で行い、聖餐式も行われています。私も年末から三週続けて参加させていただいています。皆さんで共に賛美し、聖餐式をすると同時に、個人祈祷のときもあります。開先生と山に登る人たちもいますが、私は年寄りですから、ゆっくりと歩きながら、神さまにみこころを求めて祈る 時を持たせていただいています。大変恵まれていますので、ぜひ皆さんもご参加いただきたいと思います。しかし、そこに参加できない方も、私たちはどこであっても祈ることができますから、静まって御声を聞いていただきたいと思います。

 そして第三番目に、「神さまとともに歩む未来」ということを学びたいと思います。この新しい年、二〇二一年も、神さまはいつもあなたに祝福を与えようとされています。

 イザヤ書三十章十八節には、

 『それゆえ、主はあなたがたに恵もうと待っておられ、あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。主は正義の神であるからだ。幸いなことよ。主を待ち望むすべての者は。』

 とあり、主を待ち望むあなたに対して、『あなたを恵もうと、またあわれもうと、主が立ち上がってくださる』と書かれています。

 また、詩篇百十九篇百五節にあるように、

 『あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。』

 主は、私たちがつまずくことがないように、倒れることがないように、私の足もとをみことばによって照らし、いつも私たちを最善の道に導いてくださる神さまです。
 主が語られているナビゲートを、しっかりと受け止めていくことこそが祝福への最大の近道です。神さまの計画が何であるのかを知り、なぜ自分が選ばれ、この場所にいるのか、そして私たち一人一人がどこまでも神さまを信頼して、神さまについていくなら、祝福された未来が開けていくわけです。

 今日のみことばは、『あなたの耳はうしろからこれが道だ。これに歩め』(イザヤ書三十章二十一節)ですが、主は、強制的にあなたの行動を制御するのではなく、私たちが迷っているとき、岐路に立たされたとき、あなたのうしろから、優しく肩をたたくように、「今は右に行ったほうがいいよ」、「今は左を選択すべきだよ」と、私たちに語ってくださいます。さらに、私たちが主を待ち望むなら力が与えられます。

 『しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。』(イザヤ書四十章三十一節)

 のです。目の前が真っ暗闇のような状況であったとしても、あなたは神さまによって力が与えられ、そしてこの二〇二一年を走り続けるだけの力、霊的にも、肉体的にも、体力も与えてくださるということを信じて、進んでまいりたいと思います。
 ですから、私たちは主を待ち望み、『あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろからこれが道だ。これに歩め』と、教えてくださった道をしっかりと受け止めて歩んでいくことができるようにと願います。これから祝福されるかどうかは、主の語られた御声に従順に従うことができるかどうかにかかっているかと思います。

 二〇二一年、この教会においては七十一年目、順先生がイザヤ書四十三章から語っておられるように、今年は「回復と再建」の年となることを信じます。まだまだ戦いは続いていきますが、状況がどうであったとしても、神さまが導いてくださる道に従い、新しい扉を開き、主のわざを現してくださると主に信頼して、また期待して(期待のないところに結果は現されませんので)、進んでいきたいと思います。主は必ず祝福してくださる、必ず恵んでくださいます。

 お祈りいたします。

 愛する父なる神さま、み名をあがめます。今日こうして共に礼拝を持つことができたことを心から感謝します。会堂に来られたお一人おひとりを、またインターネットで礼拝をささげているお一人おひとりを、今日まで守り導いてくださったことを心から感謝いたします。この二〇二一年、私たちが神さまの計画を知り、そしてどこまでも主を信じ、主に信頼して従っていくことができますように。そのときに新しい扉が開かれ、回復と再建の年になることを信じます。そのために一人ひとりを使ってください。一人ひとりの賜物を用いてくださって、それぞれがそれぞれの役割を果たすことができるように導いてください。そして、主のみこころを現すために、私たちが疲れることなく、この一年、走り続ける霊的な力、体力も与えてください。大いなる恵みの年、祝福の年となりますように、すべてのことを主のみ手に委ね、感謝して、主のみ名によってお祈りいたします。アーメン。

 



バックアップアイコン2021.jpg