HOME > メッセージ > メッセージ

「初めに神が天と地を創造した!」

2017年8月13(日)
新城教会主任牧師 滝元順
創世記1章1節

『初めに、神が天と地を創造した。』

 ハレルヤ!みなさん、おはようございます。どうでしたか?今の演奏。素晴らしかったでしょう。
 音楽には上手い人と下手な人がいます。でも、上手い人と下手な人も、二つに分かれます。下手で下手な人と、下手でも上手い人がいます。新城教会のミュージックスクールに来ている人たちは、下手でも上手いです。将来が見えます。でも、上手い人でも、下手な人がいます。プロでも、上手くて上手いという人はあまり多くいません。しかし今回来てくださったミュージシャンの方々は、「上手くて上手い」人たちです。こんなにすばらしい礼拝に参加できて幸せです。心から主に感謝します。

 今日はこれから、いろいろなプログラムがあります。礼拝が終わってからは婚約式があります。でも、普通の婚約式とはちょっと違います。準結婚式と言うのでしょうか。婚約式と結婚式の真ん中くらいです。なぜなら今日、婚約される方々はインターナショナルな方々で、キム・ヒョンジュさんという、韓国の方と、服部証子さんです。証子さんは日本人のように見えますが、中身は日本人ではないです。証子さんのご両親は、服部宣教師です。新城教会の礼拝に地味に出て下さっていますが、長くカンボジアで宣教をしておられました。しかしその前は、福音号「デュロス」という船に乗って、世界の七つの海を渡り歩いていた人たちです。証子ちゃんは船の中で生まれたのでしょうか?一応、陸で生まれたみたいですが、幼いときから日本にいる機会が少なかったみたいです。だから日本人のように見えますが、中身は国際人です。
 この二人は現在、インドネシアに住んでいます。インドネシアの大学に行っているそうです。キム君は、韓国語、インドネシア語、日本語、英語もぺらぺらです。頭いいですね。証子ちゃんも同じです。二人が婚約するということで、韓国からもご家族が来てくださっています。
 キム家は、音楽一家です。あとからチェロとバイオリンで婚約を祝福して演奏して下さるそうです。最後まで、ぜひ、楽しんでいってくださいね。

 お昼のゴスペル・ランチは、スペシャルカレーです。昨日、栄子さんが真剣に作っていました。うまいと思いますよ。そして、今夜は、サマー・コンサートがあります。これがまたいい!このバラエティーはすごいじゃないですか。
 和田さんは残念ながら来られなくなったみたいですが、是非とも新しい方々をお連れ頂きたいと思います。
 この礼拝におきましては、はじめて教会に来られた方々のために、お話をさせていただきます。

 本日、選ばせていただいた聖書の箇所は、聖書の初めのまた初め、有名な箇所です。一度、みなさんで読んでみましょうか。

『初めに、神が天と地を創造した。』

 聖書は、このような宣言から始まっています。日本人に、「なぜ、人間は存在しているんですか?」と聞くと、ほとんどが「猿から進化してきた。」と答えるわけです。何もない所から、突然変異をくり返して今ここにある、と答える人が多いです。
 しかし、クリスチャンはそのようには考えていません。人間は神によって造られた存在で、大宇宙も地球も、すべては神の作品だと信じています。創造と進化では、あまりにも大きな差です。

0001.jpg

 どうですか?どちらが真実だと思われますか。すべてのものは創造者によって創造されたというのが事実なのか、または、すべてが偶然の産物、進化か?ってどちらが真実なのでしょうか。世界には七十億人以上住んでいますが、一人ひとりがどちらかを選んでいるわけです。どちらを選ぶかで、人生って大きく意味が変わるはずです。
 進化とは、何もない所から、偶然に生まれてきたということですから、人生に、あまり期待をしないほうがいいです。なぜなら、すべてが偶然の産物ですから。人生、これから、どれだけ残っているのか知りませんが、全てが偶然でしかありえないわけです。ちょっと寂しいですね。

 私は先週で六十六歳になりました。先週は韓国に行っていました。私の誕生日は八月五日ですが、ちょうど韓国に着いた日で、夕方着いたので、一人でホテルに向かい、翌日に奉仕先に行くことになっていました。だから私の誕生日、誰も祝ってくれる人がいませんでした。ちょっと寂しかったですが、それなら、自分でお祝いしようと思って、ホテルの前にマックがありましたので、韓国のマクドナルドに行ってビッグマックで誕生パーティーをやりました。一人でも、結構楽しくて、美味しかったですよ。私が進化のただ中で生まれた存在ならば、六十六年の人生、なんだったのかなと思います。
 人生って、本当に早いものです。ここには、お年寄りの方々もおられますが、私も今や年寄りですが、本当にあっという間でした。いつも話していますが、昨日まで、東郷中学校に通っていたように感じます。本当に進歩がないなぁと思うのですが、カバンを渡されたら、自転車に乗って教室に戻ってしまいそうな自分がいるわけです。
 人生がすべて目的なく、進化の産物だったら、本当に寂しいです。しかし私を造ってくださった創造主がおられるのが事実ならば、それを信じるのは宗教ではありません。目的を持って、私を造ってくださったのなら、六十六年間、人生は無駄じゃなかったことになります。自分では、無駄に見えるかもしれないけれど、神の前には大きな意味があったのです。
 百円ショップの品物だって、すべて目的があるわけですから、人間に目的がないと考えるほうが、無理があるのではないかと思います。

 私たちを造ってくださった創造主がおられる!という宣言から、聖書は始まっているのです。
 いつもこの教会で話しているのですが、人間を造る前に、神が人間を造るために書いた設計図が発見されたのです。現代は誰も創造主を否定できなくなりました。設計図とは遺伝子です。遺伝子の配列が分かってきたことは、原点に情報があるということです。情報は知的存在が介入しない限り、存在し得ません。

0003.jpg0002.jpg

 人の遺伝子は、だいたい三十億くらいの塩基から成り立っていると言われます。それもたった四つの塩基だそうです。A・G・C・Tという、四つの物質が組み合わさって、暗号のように並んでいるわけです。これが読み取られて、人間の体となり、さらには将来起こるであろうことも、この情報の中に含まれているかもしれないというのですから驚きです。最近はちょっとずつ、この情報の意味するところが人間の手によって読まれるようになったのですが、読み切ったわけではありません。分かっている部分は一パーセント弱だそうです。ほとんどが、分からないそうです。膨大な情報が、私たちのただ中にあるのは、知的存在が関わった証拠です。
 ですから、神がおられるというと、なんか宗教臭くなって嫌だという人もいるかもしれないけれど、少なくとも、人間の発生以前に、人間以上の知的存在が関わったことは、否定できない事実です。
 ということは、宇宙をはじめ、私たちの目の前にある大自然も含めて、すべて神の創造の産物なのです。その方を知ることは、人生の中で最も大切なことです。

 それでもなお、日本人は、進化論を強調するわけです。誰でも、進化論って聞いたことがあると思いますが、「人間がなぜここに存在するんですか?」と聞いたら、「猿から進化してきた」と答えるわけです。なぜ、皆一様に、進化論を掲げるのかというと、学校教育の中で進化論が真実かのように教えられているからです。
 教育って怖いです。教えられたことを、皆、真に受けますから。でも、進化論って簡単に言いますが、その目的とか、結論は何かに関しては、あまり知られていないのです。

0004.jpg

 進化論は、猿からだんだんと進化して、究極の進化の姿が右端らしいです。マクドナルドを食べると、人間は更なる進化を遂げることができるそうです。みなさんの中で、かなり進化した人もいるかもしれません。進化論とは「論」ですから、論には結論があり、目的があるわけです。
 「何もない所から進化して人間になった」と軽く考えますが、進化論は「論」ですから、必ず、結論があり、その目的があるのです。

0005.jpg

 学校で習ったと思いますが、進化論はチャールズ・ダーウィンという人物が、「種の起源」という本を書いて、それから広まりました。「生物のそれぞれの種は、突然変異と自然淘汰をくり返し、進化してきた」とする理論です。全ての生物が突然変異と自然淘汰によって今があると考えたら、本当に寂しいです。
 でも、日本人の多くは、そのように信じています。進化論的な考え方は、ダーウィンが唱える前から、すでにあったのですが、ダーウィンが一つの体系として、理論化し、まとめたわけです。
 そして今も、進化論が学校教育の中で教えられているということは、ダーウインなどが始めた進化理論を、さらに発展させているのです。
 しかし、その行き着く先が何であるのかは、あまり知られておらず、考えられてもいません。今日、「私は進化論を支持する!」という人もおられると思います。クリスチャンの方は、「創造主が私たちを造ってくださった!」と信じていると思います。進化論から創造論に考えを変えた、というのは単純なように思いますが、これは結構大きなことなのです。
 そして進化論が意図するところをよく知ると、進化論なんかにはまっていてはけないことが分かるのです。

 実は近代の進化論を発展させたのは、この人物です。

0006.jpg

ジュリアン・ハクスリーという人物が近代の進化論の父です。ユネスコという団体がありますが、世界遺産などを設定したりする団体です。ユネスコは誰が始めたのかというと、彼が始めました。ハクスリーが初代事務局長です。そして、その意図は、進化論で世界中の人を教育するという目的でした。教育界の中に、進化論を入れたのは、他でもない、ハクスリーです。

 日本人って、案外、霊感が強いです。目に見えない世界があるのを、みんな感じています。今は盆の時期です。みんな墓に行くわけです。私は、なぜ、盆に墓に行くのか理解できません。仏教の方がおられたら、教えてほしいのですが、盆には地獄の蓋が開いて、先祖たちが家に三日間帰って来ると言います。だから、迎え火なんかを焚くわけです。先祖は、家に帰って来ているはずです。家に帰って来ているならば、墓場は留守じゃないですか?それでも、留守の墓に行くのです。昨日も、この辺をウォーキングして、墓の近くに行ったら、線香くさいというか、大勢の人が墓にいました。家に先祖が帰って来ているなら、墓じゃなくて、家で楽しめよ!と思います。それで三日もすると、キュウリとかナスの馬に乗せて、先祖を川に流しちゃうのです。地獄に落とすのです。むごいなぁと思います。そして三百六十五日中の三日間しか、家にいないはずの仏壇を拝みます。なんか矛盾だらけに感じます。それでも毎年続けるのは、先祖か分からないけれど、神かどうかは分からんけれど、何かを感じるからこそ、そのような行動を取るのだと思うのです。

 しかし同時に、一様に進化論を掲げるのは、教育の中で、小学校くらいからずっと「猿から進化した!猿から進化した!」と聞かされているからです。
 そもそも私たちは「自然界」という言葉をよく使いますが、「自然界という言葉は使わないほうがいい。」と、ある牧師が語っていて、はっとさせられました。自然というのは、偶然生まれたという意味を含みますから、進化論的な表現です。天も地もすべて神の作品ですから、自然界という言葉を使うこと自体、進化論的だ!という指摘でした。現代の進化論者の主張がどうものか、ハクスリーが著書の中で次のように語っています。

 「有害な突然変異は根絶やしにされるどころか、積み重なっている。その結果として、今日の人類はおそらく、野生のどの種にもないほど、多くの有害突然変異を背負っていることは疑いない。」

 ハクスリーの主張は、あながち間違いではありません。ある意味、現代人ほど有害な、彼らのいう突然変異にさらされている存在はいないと思われます。日本人の遺伝子は、かなり傷ついていると思われます。有害な突然変異と、彼らが主張する事柄が結構、起こっているのではないかと思われます。
 二〇一一年に福島において、原子力発電所が水素爆発したというのですが、あれ絶対嘘です。これ見てください。

0007.jpg

 キノコ雲です。水素爆発ではありません。核爆発です。日本は、広島、長崎、福島と、三度、核爆弾を落とされたのと同じです。目に見えない放射線が飛び交ったわけです。二〇一一年頃、日本は逃げ場がなかったです。放射線なんてどう飛んでいるか、見えませんから分からないでしょう。前にも話しましたが、放射線は、微少な弾丸みたいなもので、遺伝子の鎖を打ち抜くわけです。有害な突然変異と、進化論者たちが呼ぶ現象がいくらでも起こる可能性があります。創造主が与えた、正常な遺伝子は破壊され狂うわけです。

0008.jpg

 情報が狂えば、いろんな病気にもなります。

 以前にもお話ししましたが、この頃、日本人が食べている食べ物は、有害物質を食べているようなものです。自己責任で食物を選んでいただきたいです。
 動物たちって、栄養学を知らないです。猿たちが栄養学を勉強して、何を食べるか、どうしたら健康になれるのかなど全然、知らないはずです。でも、肥満の猿とかいないわけです。栄養学を知っている人間だけが、肥満になるっておかしいです。しかも、栄養学を知っている人間に飼われる、犬とか猫は肥満になります。なんか人間って、おかしいなぁと思います。

0009.jpg

 このおにぎり、私の実験の結果です。近くのなんとかイレブンというところから買って来て、夏の暑い日に、車のダッシュボードに保管して一ヶ月後の姿です。一ヶ月保存したのです。どろどろになって、うじが湧いているかと思ったのですが、一ヶ月後に、「どうなってるの?おにぎりちゃん!」と扉を開けてみたら、「さぁお食べ!」というような感じで、出てきましたから、びっくりです。本当におにぎりに、何が入っているの?と心配になります。防腐剤いっぱい入れられているのでしょう。

0010.jpg

 この頃では、除草剤と種が組み合わされています。種を遺伝子操作して、特定の除草剤に耐性を持つようにしてあるのです。だから、他の草は枯れても、目的とする作物は枯れないわけです。それが蔓延しています。そこから出来た作物を、うまいうまいと食べていれば、有害な突然変異はいくらでも起こってくるじゃないですか。
 一つ注意しなければいけないのはこれです。

0011.jpg

 マーガリンです。私はマーガリンが大好きだという人、スイッチオン!大胆に手を上げる人はいませんね。昔、給食でマーガリンがよく出て、いつもそれを、ぺろぺろ舐めていました。マーガリンって今、公然と売っているのは日本くらいだそうです。日本でも、しばらくすると禁止になるそうです。「トランス脂肪酸」という物質で、かなりの有害物質だそうです。いろんな病気になって、癌にもなるかもしれないというのです。でも、ケーキだとか、様々な食物の中にマーガリンはたっぷり入っています。これはプラスチックと同じ原料だというのです。プラスチックを食べているようなものだというのです。進化論者が言うように、もう野生のどの種にもないほどの、有害突然変異を背負っているのが、人類であるのは疑いのない事実です。
 神様が組んでくださった正常な情報を、人類自ら、壊しているのです。将来、どういうことが起こって来るのか、想像もつかないです。今じゃ、二人に一人が癌になるというでしょう。四人か、三人に一人が癌で死ぬというのですから、この中の半分が…なんて言ったら、ちょっと寒気がします。
 けれども、人間は進化したのではなく、人類を創造された神がおられたのが事実ならば、希望じゃないですか。情報を組んだ方を知るならば、その方はすべての情報の原点ですから、多少、狂ったって、そこに持ち込めば修理がきくはずです。

 車が壊れたらどうでしょうか。修理屋さんに持って行ったら、修理がきくでしょう。相当、壊れていても修理がききます。車が壊れた時、八百屋に持って行ってもダメです。車屋さんに持って行かなければいけないです。同じです。人間が壊れたら、人間を最初に創造された、創造主なる方の所に持ち込めば、修理がきくはずです。

 初めの人間、アダムとエバは、永遠に生きる存在だったのです。そして、教会で提供する救いは「永遠のいのち」です。これは何を意味するかと言うと、「元に戻してあげますよ」という事です。すごいですね。この方と、お友達にならない手はありません。進化論で生きていたら、人生はむなしいけれど、私たちを造ってくださった原点の方とお友達になったら、これからどんな時代が来ても安心です。

 では、進化論者って、このような現実に対して、どのように対応するつもりでしょうか。これは、あまり知られていないところですが、進化論は優生論という、もう一つの理論と共に存在しています。優生論とは、「生物の遺伝構造を改良することで、人類の進歩を促そうとする運動」です。
 どういうことかというと、人間に遺伝子があるけれど、それに手を加えて、人間の手で人類の進歩を促していこうという運動です。人工選択とは、人間が自ら遺伝子などに、手を加えることを言うのですが、自然選択とは、突然変異のことです。
「人工選択は自然選択よりもはるかに効率が良い」と考えるのが、現代の進化論者の主張です。これは、あまり知られてはいません。

 今でも、教育の中で、進化論が熱心に教えられているのは、結論があって、目的があるからです。それは何かと言ったら、「人工選択を推し進める」という目的です。

0012.jpg

 左側がヨーロッパの洞窟で描かれた、旧石器時代の壁画です。一万年前くらいの馬の絵です。そして右は、現代のサラブレッドです。一万年というのは、進化論者にとっては短期間です。本当に短い時間です。古代の馬はこんな変な格好をして、でぶっちょだったのですが、人間が手を加えて馬を改良したら、たった一万年で、これだけ精悍な馬が造られたというのです。ということは、自然選択をくり返して、優れたものになるのには時間がかかりすぎる。しかし人間が、手を加えるならば、もっと短時間に、高性能な人類ができる、という考えと行動です。
 これが現代の、進化論者たちがもくろんでいる事柄です。

0013.jpg

 それは、「人間と機械の融合」です。この間も、なんとか都市伝説という番組で、進化論者たちが、急速に進めたい運動についてレポートしていました。それは、機械と人間の融合だというのです。そうすれば、人間は自らの手で進化して、生きることができるというわけです。

 この頃注目されているのが、「マイクロチップ」だと言われます。先週、こんなニュースが流れていました。アメリカの企業で初めて、従業員の体内へのマイクロチップの埋め込みを実施するというのです。体の中にマイクロチップを入れると、究極のIDになるそうです。コンピューター使っていて、もしも、パスワードを奪われると、口座のお金を全て奪われたりします。でも、体内にマイクロチップを埋めておけば、セキュリティーが確保されるので安全だそうです。これがアメリカの企業で、現実に、なされるようになったというニュースです。

 最近、マイナンバーって付いたじゃないですか。自分のマイナンバーを知っていますか?日本に住んでいる外国人も含めて、すべて背番号がついたのと同じです。一人一人がその番号で特定されたわけです。マイナンバーのカードをもらっているかもしれませんが、あれだと落としちゃったりします。これからカードがないと、いろいろと生活に支障が出てきます。
 だったらどうでしょうか。「あなた、マイナンバーカードをよく落としますね。だから体内に埋め込んであげますよ!」と、埋め込んだらどうですか。落とさないじゃないですか。だから、必ず、こうなっていくわけです。
 しかし、これらを誰が主張しているのかというと、「進化論者」なのです。なぜならば、人間の手を加えて進化させる事がその目的だからです。

 アメリカの大統領選挙でこの人が立候補しました。

0014.jpg

 落選しましたが、このゾルダンという人は、「トランスヒューマニスト党」というのを作って立候補しました。彼は人間と機械の融合を強力に推進したい!という人物です。こういう人が大統領になったら、全員、マイクロチップが埋められます。彼はインタビューに、このように答えています。「やがて人工知能とコミュニケーションが取れるような世界になると思う。」と言っています。これ何かというと、脳の中にマイクロチップを入れるというのです。脳の中に、マイクロチップを入れて、それがネットにつながるというのです。そうすると、脳の中で、検索できます。忘れた漢字だって一発で書けます。この頃私も、漢字を忘れて苦労しています。読めるんですけど、書けないです。
 勉強しなくても、すべての情報が脳の中にマイクロチップが埋まっていれば、引き出し可能です。この頃は、AIという人工知能と結び合っていますから、今までの人類を飛躍的に越える人類が作られるということです。これは、SFの世界ではありません。進化論者が、指すところなのです。

 みなさんどうですか。脳の中にチップ埋められたいですか?これって悪意を持った人たちの手に渡ったら、全員、簡単に奴隷のようにされます。しかし、人類はそこに向かっているのです。
 実はこのことは、聖書の中に、今から二千年も前から預言されていました。聖書の一番最後は、黙示録ですが、こんなふうに書いてあります。黙示録十三章十六節〜十八節、

『また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。 また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。』

 すごいことが預言されていました。すでに二千年前にですよ。
 ある獣が出て来て、獣というのは誰かというと悪魔のことです。悪魔が出て来て、世界を支配する時代になると、その獣は自分の名前を、右の手とか、額とかに刻印として押すというのです。その刻印がなかったら、売ることも、買うこともできなくなってしまう時代が来るというのです。どうですか?まさしくこれじゃないですか。「人々にその右の手か額かに刻印を受けさせ」って、現代の進化論者の目的です。黙示録が書かれた意図は、著者に直接聞いてみないと分からないですが、現代の動きと黙示録を合わせてみる限り、もしかして、手にマイクロチップを埋め込まれたり、頭の中でネット接続するようなことではないか、これはちょっとやばい時代じゃないか!という事になります。
 進化論に身を寄せていると、獣の支配、すなわち悪魔・悪霊どもにしてやられて、最後は滅ぼされてしまうのではないか!と分かります。
 ということは日本人、教育の中で進化論にはまっていますが、ここから抜け出すことは、人類の未来のため、日本の未来のために、すごく重要だということです。絶対に進化論を信じてはいけません。その中に身を寄せちゃいけないです。

 以前にもお話ししましたが、今世界の人口は、七十二億人くらいいますけれど、世界人口の三十六億人、半分の人たちが持っている資産と、最も、裕福な人六十二人が持っている資産が同じだというのです。たった六十二人が、地球の半分を所有しているのです。
 けれども、今年の一月、六十二人が修正されて、八人になりました。遠からずして、地球を一人の人が所有する時代が来ます。聖書が預言している通りになります。
 進化論は優性論でもありますから、その目的は、「人口削減計画」です。優秀な人たちだけを残して、不必要な人たちは奴隷にするか、削減してしまえ!というのが、現代の進化論者たちがもくろんでいる計画です。
 このような策略から逃れて、私たちを造ってくださった創造主に身を寄せるということは、身を守る為にも、とても大切なことです。これから生きるためには、絶対・必要条件じゃないでしょうか。
 私たちを創造してくださった神に従って生きる。こちらを選択したら、人生はどんなに悪魔が働いても、その上におられる天地宇宙を造られた主が責任を持って下さいますから、安泰です。

 聖書はすごいことを教えています。イザヤ書四十六章三節、

『わたしに聞け、ヤコブの家と、イスラエルの家のすべての残りの者よ。胎内にいる時からになわれており、生まれる前から運ばれた者よ。』

 この地上に生まれる前から、体内にいる時から、私たちは選ばれて、運ばれた者だというのです。生まれる前から、創造主は、私たちのことを知っていて下さっていたということです。
 さらにエレミヤ書一章五節、

『わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。』

 先ほどの箇所では、お腹にいる時から知っていましたよ!と語っていますが、ここでは、「胎内に形造る前から」、あなたを、私を、知っていましたよ!というのです。偶然の産物として生まれ出るのと、あまりにも違うじゃないですか。

 さらに驚くのは、エペソ一章四節にはこのような言葉があります。

『すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。』

 なんと天地創造の前から、私たちの人生を計画してくださっていたというのです。「初めに神は天と地を創造した。」という言葉を先ほど読みましたが、それ以前から、創造主は私たちのことを知っていて、この時代に生きる者として計画してくださったということです。そこには、偶然は何一つないのです。気が遠くなりますね。
 まさに私たちは、神の作品であるとエペソ二章十節は告げています。

『私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。』

 天地宇宙の基が置かれる前から、生きる目的、それも悪い目的ではなく、良いものがすでに用意されていました!というのが、聖書の主張です。

 さて、これまでの話を聞いて、みなさんはどちらを選択されますか?創造か、進化か。進化を選びたい人は、誰もいないと思います。神は私たちを、世界の基が置かれる前から選んでくださり、良いものを用意してくださっていると信じるほうが、ずっといいじゃないですか。
 教会に来ることを、決して、宗教だとは思わないでいただきたいです。私たちを造ってくださった神と出会う場所、それが教会です。今日ここにおられるすべての方が、創造主と出会っていただきたいです。

 しかし、どうやって会ったらいいのか分かりません。天地宇宙を造ったような存在は、人間の頭じゃ理解できないです。はっきり言って。
 でも、この宇宙を造った時に関わった神が、人となってこの地上に来てくださったのです。それがイエス様です。イエス様は、天地創造に関わった方です。その方が人間となって、地上に来てくださったのです。人間同士なら、コミュニケーションが可能です。
 例えば、アフリカに行ったことがなくても、アフリカから来た人から話を聞いたら、アフリカがどういう場所か分かります。韓国に行ったことがなくても、韓国人から話しを聞いたら、韓国がどういう国か分かります。同じです。神の世界から来られた方から話を聞けば、神の国がどういう所か分かるのです。
 ということは、イエス・キリストという方を、自分の救い主として信じて、その方に従っていくことが、神に出会うための、必要最低・絶対条件ということになるわけです。

 今日はイエス・キリストを自分の救い主として認めて、神が私たちに与えられた絶大な良い計画を受け取って、歩んでいただきたいです。
 「私はもう歳を取ったから、そんな大きな話は関係ない」と言わないでください。神は、永遠に続く計画を持っておられるからです。人生、地上で終わりじゃないです。やがて私たちは、この地上から出て行きますが、進化論は悪魔が音頭を取っていますから、人生が終わって地上から出て行くと、悪魔の世界に連れて行かれます。

 しかし、本物の神を信じたら、この地球を新たにして、もう一度よみがえることができるというのです。新しい創造をしてくださるのが、創造者の目的です。この絶大な計画の中に、全員がお入りになっていただきたいと心から願っています。今日ここにおられる方で、偶然に存在している方は誰一人いません。絶大な計画の中にあることを、受け入れていただきたいと思います。

 最後に一言お祈りして、私のメッセージを終わりにさせていただきます。誰でも祈り心あると思います。私が、「イエス様」と祈りますから、「イエス様」と声を合わせていただきたいと思います。口で告白する時に救われるとありますから。では一緒にお祈りしましょう。今日は進化論の縄目から、解放されるように祈ります。日本人は洗脳されています。だからそれも解いていただけるようにお祈りしたいと思います。
 では、大きな声で祈りたいと思います。

「イエス様!私の人生をよろしくお願いします。私の永遠を、よろしくお願いします。進化論とのつながりを、断ち切ります。私には、すばらしい計画が用意されていることを感謝します。あなたが天地創造以前から持っておられる、良い計画を私に与えてください。その計画の中で生きることができますように。イエス・キリストの名前でお祈りします。アーメン。」

 では。みなさんの祝福のために私が、お祈りさせていただきます。

 ハレルヤ。天の父なる神様、御名をあがめて心から感謝します。今日はこのように、すばらしい礼拝を持つことができて、心から感謝します。素晴らしい音楽で楽しませてくださいました。また天地宇宙を造り、私たちの誕生を計画してくださった神について知ることができました。全員があなたの作品であることを学びました。あなたが私たちのために持っておられる、良い計画を一人一人に授けてください。私たちの遺伝子の情報が悪く変わってしまっていたら、それを元に戻してください。修理してください。霊も魂も肉体も、すべて修理してください。皆が主の計画通りに生きることができますように。いつも共にあって守ってください。ここにおられるすべての方々の上に、特別な祝福と勝利を宣言します。イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。