HOME > 新城教会ニュース

新城教会ニュース 2016年12月・2017年1月

VOL.304-1.jpgVOL.304-1.jpg

VOL.304-2.jpgVOL.304-2.jpg

ザ・メッセージ

巻頭言.jpg
 街にクリスマス・キャロルが流れ始めると、心がなぜかウキウキしてきます。世界で一番盛大な誕生会、それがイエス・キリストの誕生日「クリスマス」です。
 イエスさまは今から2016年前、現在のイスラエルにお生まれになりました。しかも、その誕生は700年以上も前から、旧約聖書に預言されていました。
 同時に、イエス・キリストがお生まれになった面積的には四国よりも狭い地域が、世界平和を左右する中心地である事も確かです。中東問題は、二千年以上に及ぶ、ユダヤ人離散の歴史を知らずして、語ることは出来ません。
 今から三千年ほど前、パレスチナに世界で最も栄えた帝国がありました。それが、ダビデとその息子ソロモンによって統治された「イスラエル王国」でした。その国は、栄華に満ちていましたが、やがて北と南に分裂し、後に、アッシリア帝国とバビロニア帝国に侵略され、紀元70年にはローマ帝国の侵攻にあい、世界地図から完全に消え去ってしまいました。
 その結果、ユダヤ人達は世界中に離散し、独自の文化を世界各地で形成するようになりました。しかしユダヤ人たちは、その後二千年にわたって世界中で迫害の対象となり、根絶やしにされて来ました。彼らはゲットーと呼ばれる区域に集められ、特別な服装とマークが義務づけられ、差別され続けました。近年、ナチス・ドイツのホロコーストによって、多くのユダヤ人達が殺害された事はあまりにも有名です。
 歴史上、類を見ないほど傷ついてきた民族、それは、ユダヤ人かもしれません。しかし、二度と国家を形成する力などはない、と思われていたユダヤ人たちが、1948年、パレスチナに帰還し国を再興したのです。二千年間国を失い、流浪の民となっていたユダヤ人達が、先祖の土地に戻った事実と、彼らの土地に対する執着は、計り知れません。
 しかし、ユダヤ人達が去った地に、二千年近くにわたって住み着いていた人々にとっては、突然、土地をユダヤ人達に奪われる結果となり、誰も解決できない複雑な問題に発展し現在に至っています。
 歴史を通して、世界で最も難しい問題が発生している地域に、神が人となって生まれたということは、人類にとって、大きな意味があります。ユダヤ民族とイスラエル、そしてパレスチナを通して、古から、神は人類にメッセージを送っておられます。それは、救い主として生まれたイエス・キリストに人類が目を向けるなら、誰も解決できないような問題は解決し、傷もいやされるというメッセージです。
 クリスマスには人々をいやす力があります。新城教会では、毎年、クリスマスをお祝いし、「ゴスペル・コンサート」を開催しています。今年は、アメリカのブラック・ゴスペル界で大活躍しているジョン・フルッカーとニッコー・ロウが生バンドの演奏をバックに、ダイナミックな歌声を響かせます。
 「ブラック・ゴスペル」は、アメリカの奴隷制度で苦しめられていた黒人たちの叫びに神が応
えた「証の歌」です。また、そのほかにも、様々なクリスマス・プログラムがあります。

さあ、今年は、あなたがいやされる番です!
クリスマスは新城教会にお越し下さい。

イベント情報

Christmas Gospel Concert 2016

Gospel Concert.jpg

クリスマスコンサート2016-2.jpg

Christmas Schedule

クリスマススケジュール.jpg

教会へおいでん

年末年始
年末年始.jpg

Heavenliy Kingdom

Gospel.jpg

しおんちゃん

siontyan.jpg

Check it!

imanari.jpg

ニュースバックナンバー.jpgニュースバックナンバー.jpg